2016年09月29日

秋の味覚 part2

北鎌倉 蔵屋さんで購入して頂いたお客様から

素敵なポストカード届きました。

 楕円色絵皿鉄線(羊歌窯作)にのった秋刀魚

 ああ、こうした使い方もあるのだと感心然り❗❗

 お客様から学ぶこと多いです。

お忙しい中、M様お便りありがとうございました。

DSCN4864.JPG

新作楕円皿にぶどうをのせてみました

DSCN4863.JPG

葡萄が、お花さんたちに囲まれて楽しそう❗❗
posted by ノンナ at 00:24| 作陶 - 器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月26日

秋の収穫

朝散歩の途中、むかごをみつけました。

すっかり秋ですね。

むかごとは、ヤマイモの実です。こちらの地方では良く食べられています。

私も瀬戸に来て初めて食しました。

さっそくお米と一緒に炊いてみました。

DSCN4828.JPG

ヤマイモのつる


DSCN4827.JPG
羊歌窯 新作 山葡萄飯碗
DSCN4826.JPG

秋のご飯ものに ぴったり❗❗の器です
DSCN4825.JPG


これから散歩しながら、秋捜しをしていこうと思います。
続きを読む
posted by ノンナ at 08:53| 作陶 - 器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月10日

夫婦ゆのみ

先ほどお客様からご注文を受けた 野の花夫婦湯のみです。

裏側には、プレゼントされる方への名前が入っています。

注文のものは作るときは時間をかけながら絵を描いていきますが

窯が焼けたらすぐ出荷になってしまい手元にある時間はほんのわずかです。

同じように描いていても、そのときの筆の運びや焼成の加減で

出来上がりがだいぶ違ってくることも多々あります。

思いのほか上手く出来上がり、手放すのが惜しくなるのも

正直いってあります。我が子をお嫁に出すようなものでしょうか?

この夫婦湯のみもそんなふうに思える作品です。


081.JPG



067.JPG










羊歌窯 野の花
           夫婦ゆのみ    
  湯のみ各3000円
  

posted by ノンナ at 06:05| 作陶 - 器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする